concept

 少年時代にある夢を見た。

~夢〜

時は、安土桃山。
場面は、京の都、高津屋という呉服屋に
湯佐美図(ゆさみづ)という職人がいる。

その男は、諸国を巡っては織物の図柄を考案している様子である。
審美眼で目利きに優れた彼の図案は、瞬く間に京の都で評判になり、
女人のみならず、男衆の人気も博しているようである。

夢から覚め
ゆさみづ(yusamizu)・・・
その美しい音が、余韻として私を包み込む。

yusamizu は日本の「心」をまとう。

 少年時代にある夢を見た。

~夢〜

時は、安土桃山。場面は、京の都
高津屋という呉服屋に
湯佐美図(ゆさみづ)という職人がいる。

その男は、諸国を巡っては
織物の図柄を考案している
様子である。

審美眼
目利きに優れた彼の図案は、
瞬く間に京の都で評判になり、
女人のみならず、
男衆の人気も博しているようである。

夢から覚め
ゆさみづ(yusamizu)・・・
その美しい音が
余韻として私を包み込む。

yusamizu は
日本の「心」をまとう。